スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< クローズしちゃうから・・・ | main | アイラ カスクです。 >>

どうせなら荒木高麗を・・・

 

今日は日比谷の出光美術館で

 

開館50周年記念

 

「岩佐又兵衛と源氏絵」展に行ってきました。

 

 

岩佐又兵衛とは、信長君に謀反を起こしちゃって

 

(和睦に来た、黒田官兵衛を幽閉して足を悪くさせた)

 

やばくなったら、家族、家臣をほっぽりだして逃げちゃい

 

秀吉君の世になったら、茶聖・利休君の高弟(利休十哲)

 

に数えられるほどになっちゃったりした戦国武将

 

荒木 摂津守 村重の息子と言われてる絵師。

 

 

昨年、洛中洛外図屏風(舟木本)が国宝に格上げされたりしたので

 

人気になっちゃうかも。

 

 

今回は大和絵中心で、ネオ・クラッシックな屏風がいっぱいだった。

 

なぜか「のんこう(3代道入)」や「10代旦入」「織部」も展示

 

こうして浮世絵にシフトしてゆくのかという最後のくだりが

 

なるほどねだった。

 

 

次はこいつを観に行くぞ!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 観たり、聴いたり | 15:37 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 15:37 | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM