スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

終りよければ・・・


無事に元町到着。

待ち合わせた美女達と目的のお店に向かう。


またきちゃいましたというか、当ブログを見た美女達が

「連れて行って」「是非行きたいです」とせっつくので(笑)

さくっとセッティングしました。


泡で乾杯し

今日の一皿目は

ホタルイカの紹興酒漬け



漬け汁がとにかく旨い! 変な醤油漬けなんて目じゃない感じ。


よだれ鶏&砂肝のコンフィ



味付けがほんと絶妙で、表現不可


玉ねぎ&桜海老



XOジャンの生みたいなニュアンス。


熟成ひらめ&生くらげ&聖護院蕪



ねっとり平目、くにゅっとクラゲ、しゃきっと蕪のコントラスト。


蟹とフカヒレのほっこりスープ



言うことなし、白い顆粒が入った変なスープとは

比べる必要もない。


豚足とくわい、にらの中華ガレット



付けダレ ダルビッシュじゃなくてグルナッシュじゃなくて

グリビッシュ風・中華ソース。



何気なく効いているフキノトウがGOOD!!


金華豚の内臓の酢豚?



ケミカル感一切なし。 極上の内臓と合わせ酢のマリアージュ。

口に入れたとたん、とろける食感。


出ました、美女達のお目当て!

白子のマーボー豆腐。



文句なしの味。


お肉好きの皆にと、猪とキノコ、腐乳の炒め物



トップノートがクリーミー且つ濃厚。

旨味の凝縮した茸類、噛みしめる度に味が出る猪

そのすべてを上手に包む腐乳の熟成感のあるソース

よくラムのブルーチーズソースってあるけど

この炒め物に比べると、チープに感じるかもしれない。


そして坦々麺をそろそろとお願いしたら

今日は流れ的に「海老ワンタン麺」にすれば?と

シェフがおっしゃるので、御意。



シナチクももちろん自家製。

〆がこれなら、毎日食べたい。


いや〜今回も大満足のシノワでした。


名前が気になり、ただで出してもらった焼酎。



バニラ感のある芋は面白い。


PS

なつかしの古巣。








JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 09:53 | comments(0) | - |

良い、悪い、良い、悪い、良い、悪い・・・


数日、おとなしくしたり睡眠を多くとったりと体調を整えたおかげで

多少胃や腸の動きはフルじゃないけど、目覚めばっちり朝から行動。

BAD☆BOYでの金融巡りが終わり、さぁ車で買出し&仕入れとキーボックスを見たら

車のキーがナッシング(12:20)まだYOUが帰って来てない(笑)


急遽行動変更、木曜日に行けなかった(思えばこの日から体調がかんばしくなかったわけで)

内科のPC予約を打ち込み、風呂を沸かしている間に針仕事。

医者に行ったあと、そのまま電車に乗れるように準備をして

お風呂に入った。

何時ものように、うっかり長く浸かってしまい

あわてて着替えて医者に向かう。


診察時間を読んでスケジューリングしたのに

診察券出して1分で呼び出し、2分で診察終了

さらに2分後には薬ももらってしまった。

普通ならすげぇラッキーなのに、何故今日に限って・・・


まぁしょうがないかと、とりあえず家に帰って休憩。

家の雑用をこなして出かけるも、駅にてパスモがないのに気づく。

何故雑用している間にパスモが財布にはいってないの気づかないかなぁ・・・


日吉駅に着く。

エスカレーターを上り、電車を待っていると

意味不明の行き先が光っている電車が見えて、はっと気づき

急いで反対のホームへ走った。


自分のせいだとわかっているのだけれど

「なんて日だ!」と小峠ばりに声を出してしまった(笑)


書いてて疲れたから、美味しい話は

また明日にしようっと・・・








JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 22:55 | comments(0) | - |

ヌーベルとも違う・・・


今日は某社長のお誘いで、元町にてシノワーズ。

何時ものようにオーナーさんに許可をいただいてパチリ。


生くらげと聖護院蕪の前菜。


しゃきしゃきの蕪、くにゅくにゅのくらげとのコントラスト

菜の花のビター感とゆずの香りがナイスマッチな一皿。

ヴィネガーのトーンも柔らかくて、泡にぴったし!




レバーとハツのコンフィ


マジやば〜い味付け(笑)

シャンツァイと葱、台湾レッドペッパーで

やはりシノワーズだけど、ワインいっちゃう感じ。




豚足の豆鼓炒め


シノワの豚足ってこうだったっけ?

とろっと、うまっと

サンチェと一緒にほうばりました。




イカ、サトイモ、レンコン炒め。


コリッ、くにゅ、しとっ。

食感のテクスチャーはもちろん、海老の香りをともない

なんともいえないくらい美味。





キノコのソテー


エイジングされた濃縮感のあるキノコ

ただ炒めただけで、この味はでないはず・・・




今日の激ヤバ料理。

鱈の白子入り麻婆豆腐。


これだったら、どんぶりで食える!!

どんとこい尿酸値!!



花巻

香ばしくオリーブオイルで焼き目を・・・



鶏胸肉のエスニックマリネ

たでとタイのスパイスが入り混じった

なんじゃこりゃのトーン。

非常にオリエンタルな一品。



金華豚のモツの焼きぞば

笑うしかない旨さ。

濃厚もっちりの内臓餡と、パリッと焼いたそばのコントラスト



箸休めで生ザーサイのあえもの

ふきのとうがはいっている〜。

ジャパンのハートみっけ。



最後は坦々麺。


これはみんなに食べてほしい一皿。

汁無しが本物だとか、辛さがどうだとか

そんなクソ会話なんて、一蹴してしてしまうくらい

すべてのトータルバランスがハンパない。

言葉では説明できないとはこのことだなって感じ。




あ〜また行きてぇ〜。

すぐ行きてぇ〜。

休みの日にがっちりやりてぇ〜。

シェリー合わせてぇ。

日本酒の古酒合わせてぇ〜。

やっべ〜・・・・



ほんとご馳走様でした。



JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 03:46 | comments(0) | - |

超久々。


今日はかみさんの誕生日なので

新吉田に予約を入れようとおもったのだけど

「仕事の前にフレンチはちょっと重い・・・」と言われ断念

YOUが昼におわるというので、超〜久しぶりに

ラニでランチ。



バターマサラで乾杯!






食後はもちろんAJIKIさんのプティ・ガトー



エ〜ンド、和栗のクロワッサン・アマンド



クソうめぇ〜!!




JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 14:27 | comments(0) | - |

最後の投稿です。




どうしても気になっちゃって、さほどお腹が空いてなかったのに

よっちゃって買っちゃった!



どうしてモス・バーガーとミスタードーナッツって仲がいいのかな?

会社がらみなの?

それとも個人的?


味はというと・・・

お店で確かめてください!!


JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 04:00 | comments(0) | - |

このショック感はなんだろう・・・


実家にお花と焼き菓子を持っていった。

もちろんそれがメインなのだが

世界コンペで受賞したシャルキュティエが、大都会に店を出したと聞いて

ちょっと気になったので行ってみた。


18:00の開店と同時に入店。

カウンター無しのテーブル25席ほどの店内は

一人でいるにはちょい厳しい感じ。


時間が限られているので、オススメのビールと

受賞したというパテ盛り合わせと、大好きな血のソーセージをすぐ注文。


500ミリのビールがなくなる頃、やっとパテ盛が来た。

さすがにもう一杯ビールというわけにいかないので

グラスの赤を注文。

「ソムリエがチョイス」とメニューに書いてあったけど

バキュバンされてないキンキンに冷えた赤が到着。

まぁべつに気にもせずパテを食らう。

食べ終わって15分たつが、血のソーセージがこない

仕方が無いのでもう一杯赤を頼む。

サービスの女性が、先ほどのボトルをグラスに注ぐが

半分しか残っておらず、どうするのかみていると

なんと箱から出した常温のワインを開け

グラスにつぎ足したではないか。


ボトルバリエーション云々、抜栓時間云々言うつもりは無いけど

400、500円のものならいざしらず

900円近くで出しているのにそれは無いでしょ

まぁビールを売りにしているのは解るけどさぁ・・・


ワインが半分になったころソーセージが来た。

黙々と詰め込み、お会計。

つり銭はいいです&ご馳走様を言って店を出た。

予想どうりというか、やっぱり遅刻してしまいました(謝)


お料理はそれなりに美味しいと思うので

ビール好き、ドイツ料理好き、大人数、事前予約、時間にゆとりなど

必要事項をクリアーできる人たちにはいいのかも。


残念ながら、ケツかっちんの痛風男が一人でふらっと行く店ではなかったようだ。

あ〜あ、ブーシェリー・ド・ブッパ行きたくなっちゃったよ〜(笑)


PS 

KAZUに美容院代たかられた。

今日はとんだ散財日だった・・・




JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 02:39 | comments(0) | - |

「美味しそう」って言って悪いか(笑)

朝から鎌倉のマルシェへ。

鎌倉市農協連即売所

通称「レンバイ」



色とりどりの洋野菜が所狭しと並んでいました。



美味しそうな葉物とビーツ、人参を買ってきました。



根菜はやさしく茹でて、葉物はサラダでいただきます。









JUGEMテーマ:グルメ
| 痛風日記(洋) | 11:29 | comments(0) | - |

やりすぎた・・・


昨日は,新制ダグラスレインの生産者来日セミナーに行ってきました。






第三世代への継承ということで、娘のキャラさんも来日



生後4ヶ月でウイスキーをおじいちゃんに飲まされ

5歳の時、風邪をひいて体調が悪かった時,

パパにウイスキートデーを作ってもらったが

こんな不味い飲み物はないと言っていたそうです。

ウォッカのマーケティングをえて、2006年にジュラ担当になり

それからウイスキーの道に入ったと言っていました。


次世代のダグラスレインに期待です。


セミナー後、白楽のバー「L」のS田さんと

学大でちょい飲み。

Y香さんオススメのお店を回ってきました。


まずは焼き豚「大膳」さん

スタッフに了解を得て、何時ものようにパチリ

豚の生レバー、チレ(脾臓)、コブクロの刺身



タン、ハツ・・・



希少部位のなんとかアブラ



こちらも希少部位の内臓類



凄く美味しいのに、めちゃ激安!

ここはロックオンの店だな。


仕事のS田さんとはここで別れて

私は次の店に・・・

ワイン居酒屋BOOZE

これを頼めと言うものを片っ端から頼んでみた。



やっぱ野菜はいらない(笑)

前菜にワインで焼き物待ち



白レバーは二本頼めって言うから頼んだけど

量ありすぎ。



鹿,鴨,羊の串焼





なぜかおまけが・・・



次は串焼きだけにしよう。


お腹も予定以上に膨れてしまったし

そろそろ帰ろうと歩いていたら

Y香さんが気になっていると言ってた

「煮ジル」という店の灯りが・・・

ふらふらっと店内に。


枡に零すスタイルの泡をたのんで



店長らしき人と会話をしながら勢いで

肉のカルパッチョを・・・



もう一品どうですか?と言われ、腹の加減はMAX超えているが気合で注文



はぁはぁいいながら、牛頬肉のワイン煮込みを食いきった(笑)


動いたら口から逆流しそうな状態のまま電車に揺られた・・・

一人飲みのハシゴ酒は、暫く控えようと心に誓った・・・







JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 08:48 | comments(0) | - |

一月のやる事終わったんで・・・


バーンズ・サパーが終了して、今月の予約事がすべて終了したので

ご褒美がてら、綱島のイタリアンへ。


泡を飲みながらナヴェのムース。



こういう料理こそシェフのハートが見えるよね。

基本しっかり踏襲からの、すげぇオリーブオイルの香り。

聞いたら、年間2000本しか作ってない、シリアルナンバー入りのオイルだって。

「いつでも原価でお分けします」と言われたが、フランス人のおいらはバターがいいな(笑)



サルシッチャはセミドライ系



しっかり焼いた穏やかなスパイス感のサルシッチャと

塩分強めのちりめんキャベツのマリアージュ(笑)

インカの目覚め美味し!


シェフ、今年はレフェルヴェソンス一緒にいきましょうね。




JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
| 痛風日記(洋) | 03:37 | comments(0) | - |

2日(月)は営業いたします。


今日を逃したら行けそうも無いので

先日はなしたリストランテに

無理くり時間を作って行ってきた。


「予約して無いのですが、大丈夫ですか?」

と扉を開けて尋ねると「どうぞ!」と若く元気な

カメリエーレ君がカウンターに案内してくれました。

席に着くと、オープンキッチンに件のシェフが働いていて

「あらっ、今日皆でお店に行こうと話してたんだよ」と

先制パンチをくらい、時間きっちりに帰れってことだなと

前菜だけを食べてきました(笑)


イタリア語はわからないので

オマール海老とセロリラブのクーリ オマールのジュレ



さすがにブルターニュ産じゃありませんでしたが笑)

カナディアンでしょう、ちょっと酸味を感じましたが、セロリラブのクーリが

いい感じの甘さと濃度で、ジュレと混ぜてスプーンでパクリ!


白子のポレンタ焼



やはり白子は欠かせませんね(笑)

結構しっかり焼いて、バリッとした歯ごたえからの〜とろっ。

あとバター使わないから濃厚だけどあっさり感。

フランス人の私は、やはりパン粉でサクッとろ〜の

バター香るソースのほうが好みなのかも(笑)


いそいそと会計を済まそうとしていたら

先日イギリスの方を連れてきてくれたご夫妻とばったり。

「大変喜んでおり、また日本に来たときは連れて行きます」と

なんとも嬉しいお世辞の言葉をいただき、店を後に・・・


約束どうり、知り合いのシェフ、お店のシェフ、カメリエーレ君が来店。

知り合いのシェフとカメリエーレ君が、なにやら話が盛り上がっていたので

お店のシェフとお話をしていると、三国シェフにあこがれて業界に入り

フレンチのシェフも経験してたとのこと。

どこで?と尋ねると、なんと鷺沼のサンクアロマ。
http://premier.jugem.jp/?search=%A5%B5%A5%F3%A5%AF%A1%A6%A5%A2%A5%ED%A5%DE

何度も行ったよ〜なんて話が盛り上がり、そこで働いていたときの後輩が

「レフェルヴェソンス」で働いているというので、月曜日一緒に行こうって事に。

またいろいろと繋がってきた〜。


新しい出会いと繋がりに、ものを感じずにはいられない一日でした。



JUGEMテーマ:日記・一般
| 痛風日記(洋) | 03:31 | comments(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM